クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING
クリクロ TOKYO CREATIVE CROSSING

  • 参加登録
  • ログイン
この秋、ACCは新しく
アイデアの祭典をはじめる。
その名も、
TOKYO CREATIVE CROSSING。
ACC授賞式に、
日本最高峰のプロフェッショナルによるトークや、
公開プレゼンテーションが合体。
今、アイデアの力でなにができるのか。
ヒントいっぱいの2日間。
役割や領域を超えて、
クリエイティブにビジネスを動かした仕事。
異なる人と混じりあい、
新たなコラボレーションを実現した仕事。
この祭典で語られるのは、
表層的な“表現”じゃない。
もっと深い“アイデア”の話だ。
さあ、もっともっと、ハミだそう。
常識はずれの答えまで。
ジャンル名の向こうまで。

Timetable

  • Day.1※実施内容や時間は
    変更になる可能性がございます。

    • 11:00~11:45

      オープニング キーノート
      「世界と東京のクリエイティブ交差点」

      2020年をきっかけに、クリエイティブはどう変わり、どこに向かうのか。世界のクリエイティブリーダーからのメッセージと共に考えながら、Tokyo Creative Crossingのキックオフをする。
      佐々木 康晴プロデュース佐々木 康晴
    • 12:00~15:15クリエイティブイノベーション部門
      クリエイティブイノベーション部門

      公開プレゼン&各賞発表

      集まったのは「ビッグ・アイデア×テクノロジー」で産み出されたイノベーションの数々。プレゼンを行い、リアルタイムで審査、賞を決定。

      12:00~13:30 プレゼン
      14:45~15:15 各賞発表

      米澤 香子審査委員長米澤 香子
      出演審査委員

      米澤 香子/岩下 恵/小野 直紀/
      木下 真吾/
      Nadya Kirillova/
      徳井 直生/中西 裕子/中村 洋基/
      福原 志保/坊垣 佳奈/松島 倫明/
      盛島 真由/暦本 純一

    • 15:30~16:30デザイン部門
      デザイン部門

      メダリスト発表&審査委員トーク

      変化する社会の中、ますます重要度を増しているデザイン。世の中に変化を生み出したコミュニケーション、仕組み、モノやコトなど、デザインの可能性を広げた受賞作品を発表。デザインとは?を語る審査委員によるトークにも注目。
      永井 一史審査委員長永井 一史HAKUHODO DESIGN
      代表取締役社長 
      川村 真司 Whatever
      Chief Creative Officer/Co-Founder
      WTFC Chief Creative Officer 
      太刀川 英輔  NOSIGNER 主宰/ディレクター 
    • 16:45~18:15ブランデッド・コミュニケーション部門
      ブランデッド・コミュニケーション部門

      メダリスト発表&審査委員トーク

      対象となるのはCM、デザイン以外の、すべてのコミュニケーションアイデア。数ある応募作品の中から、トロフィーを獲得したアイデアをもとに、デジタル・エクスペリエンス、プロモーション/アクティベーション、PRについて語りつくす濃密な90分。
      菅野 薫審査委員長菅野 薫
      石下 佳奈子(博報堂)/井上 佳那子(博報堂)/
      大八木 翼(SIX)/栗林 和明 (CHOCOLATE)/
      原野 守弘 (もり)/細川 美和子 (電通)

    • 18:30~19:30メディアクリエイティブ部門
      メディアクリエイティブ部門

      メダリスト発表&審査委員トーク
      「2020年とメディアの挑戦」

      メディア×クリエイティビティにより課題を解決したアイデアや、メディアビジネスを進化させた受賞作品たちを発表。ヒント盛りだくさんの審査委員トークも。
      箭内 道彦審査委員長箭内 道彦クリエイティブディレクター
      東京藝術大学学長特命・
      美術学部デザイン科教授 
      内田 佳奈   ライオン ビジネス開発センター
      エクスペリエンスデザイン/マネージャー
      田中 美奈子    博報堂DYメディアパートナーズ
      クリエイティブディレクター/メディア・コミュニケーションプロデューサー
  • Day.2※実施内容や時間は
    変更になる可能性がございます。

    • 9:50~14:15マーケティング・エフェクティブネス部門
      マーケティング・エフェクティブネス部門

      公開プレゼン&各賞発表 ※会員限定

      クリエイティビティの力とマーケティング戦略で成果をあげたファイナリストたち。プレゼンを行い、審査、賞を決定。

      9:50~12:15 プレゼン   
      13:45~14:15 各賞発表

      鈴木 あき子審査委員長鈴木 あき子
      出演審査委員

      鈴木 あき子/上野 隆信/大澤 あつみ/
      太田 郁子/
      奥野 圭亮/佐々木 亜悠/
      白井 明子/高田 伸敏/辻 毅/
      西田 裕美/松井 美樹/簑部 敏彦/
      宮園 香代子

    • 12:30~15:00

      ACCヤングコンペ 最終プレゼン

      ファイナリストに選ばれた若手クリエイター6組が、渋谷区の「ダイバーシティ&インクルージョン」をテーマに企画をプレゼン。リアルタイムでグランプリを発表。

      12:30~13:30 プレゼン
      14:30~15:00 グランプリ発表

      長谷部 健 渋谷区長審査委員長長谷部 健
      渋谷区長
      出演審査委員

      長谷部 健・渋谷区長/
      澤田 伸・渋谷副区長/
      永田 龍太郎/
      佐藤 夏生/箭内 道彦/
      大塚 智/小国 士朗/多田 真穂/
      西橋 佐知子/三浦 竜郎

    • 15:15~16:15ラジオ&オーディオ広告部門
      ラジオ&オーディオ広告部門

      メダリスト発表&審査委員トーク

      昨年、音声を使ったあらゆる企業コミュニケーションを対象とし、進化を遂げたラジオ&オーディオ広告部門。当日の午前中から審査委員が数時間かけて議論した、審査したてホヤホヤの受賞作品と、ホヤホヤの審査委員トークを、お見逃しなく。
      井村 光明審査委員長井村 光明
    • 16:30~18:00フィルム部門
      フィルム部門

      メダリスト発表&審査委員トーク

      日本を代表するクリエイターたちによって選出された、テレビCM、オンラインフィルム、それぞれの受賞作品を発表。第60回目のACC TOKYO CREATIVITY AWARDSフィナーレを飾るのはどの作品か。
      多田 琢審査委員長多田 琢TUGBOAT
      クリエイティブディレクター
      CMプランナー
      神田 祐介(博報堂)/高崎 卓馬(電通)/福部 明浩(catch)/細川 美和子 (電通)/山崎 隆明 (Watson-Crick)

    • 18:15~19:45

      審査委員長クロスファイア
      NEW NORMAL CREATIVITY

      〜審査委員長が受賞作から読み解くこれからのクリエイティビティ〜

      ニューノーマルの時代に我々のクリエイティビティの持つ可能性とは?
      本年度受賞作品からクリエイティビティが向かうべき方向を読み解いてみたい

      嶋 浩一郎ファシリテーター嶋 浩一郎

Point

  • 1
    リアルタイムで発表される
    ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
    今回のACC TOKYO CREATIVITY AWARDSは、
    全部門・全カテゴリーのブロンズ/シルバー/ゴールド/
    グランプリを当日リアルタイムに発表。
  • 2
    クリエイターによる公開プレゼンテーション
    クリエイティブイノベーション/マーケティング・
    エフェクティブネス部門のファイナリストたちによる
    プレゼンテーション・審査会をリアルタイムで実施。
  • 3
    豪華審査委員によるトークセッション
    クリエイティビティのこれからを考えるオープニングトークから、
    部門ごとの審査委員、そして審査委員長たちによる
    クロストークまで、ヒントが詰まったトークセッションをご用意。
  • 4
    将来有望な若手が競い合うACCヤングコンペ
    渋谷区の後援による、ACCヤングコンペを開催。
    あらゆるフィールドで活躍する若手がアイデアで競い合う。
    審査委員には渋谷区長も。
    当日はファイナリストによる公開プレゼンテーションを実施し、
    その場でグランプリを決定。
  • 5
    自由に閲覧可能なファイナリスト作品ギャラリー
    各部門ファイナリスト作品の映像・音声・ボードをギャラリー化。
    参加者なら誰でも自由に閲覧可能。